会社案内


店舗名:カピパラハーブ 

代表:細田 美代

製造会社:有限会社インターデータベース

取締役  細田 誠一郎 

創業:2000年 8月

資本金:7.000.000円

店舗住所:東京都品川区小山3-27-5-1F

営業時間:平日11時〜19時 土日祝日11時〜17時 

定休日:火曜日

TEL&FAX:03-6426-8296


代表プロフィール 細田 美代


私がハーブティーのブレンドを始めたきっかけは、以前、アロマセラピストとして長年携わり、お客様と接する中で、多くの方が身体や気持ちの部分で何らかの問題を抱えていることを実感していました。

その頃の施術は一人当たりの時間が長く、1日に対応できるお客様は2〜3人に限られていました。もっと多くの方の為になる方法はないか?

 

そんな中、身近にあったハーブティーで日頃から体調を整え、リフレッシュしていたことに改めて気づき、ハーブの効果効能を興味深く勉強しはじめました。

 

あらゆる年代の男女問わず、病気ではないけど体調の優れない方、ストレスを抱えた方、女性の周期的なお悩み、身体の巡りを良くしたい、寝る前にリラックスしたい等あらゆる目的のために、古代から人々の健康を支えてきたハーブティーが役に立つのではないかと考え、目的に合ったハーブティーをオリジナルブレンドとして提供することになりました。

 

2011年〜2014年

五反田にあるビアパブ「ザ・グラフトン」のカフェタイムで、

初のオリジナルハーブティー8種類をご提供。

ランチタイムにも対応し、季節に応じてブレンドを考案。

美味しさにこだわり、リーズナブルで本格的なブレンドハーブティーは男女問わず大変好評でした。

そんな中、自宅用にハーブティーのパック販売のご要望が高まり、遠方に発送することも多くなりました。

ハーブティーの販売に特化する事で、本来の目的である多くの方の為になることが出来る!と、夜の宣伝も兼ねたカフェは盛況の中、惜しまれながら終了となりました。(現在は18時からのビアパブのみの営業となります) 

 

2015年〜

初の対面販売として

品川区立武蔵小山創業支援センター主催のテストマーケティングイベント「羽ばたけ!☆アントレーヌin品川Vol.6」に出展。

グランプリ、応援しますで賞のダブル受賞を頂きました。

 

その後、都心のマルシェ「青山ファーマーズマーケット」「太陽のマルシェ」「ハンドメイドマーケット」など、本格的に販売を開始し、ブレンドも14〜18種類に増え、リーフタイプとティーバッグなど、シーンに合わせて展開しています。

 

2016年11月~

念願の店舗、ハーブティー専門店「カピパラハーブ」を武蔵小山駅ロータリー先にオープン!!

現在もハーブティーの美味しさと目的の追求から、新規ブレンドの開発、既存ブレンドのリニューアル、全種ティーバッグ加工など常に進化することで、皆様に寄り添うハーブティー専門店でありたいと願っています。 

 

他にもハーブの効能をもっとダイレクトに取り入れたい方、健康に留意する方に、アメリカ直輸入の高品質なサプリメントを20種類程展開しています。また、高濃度なイオン化したミネラル、地球にやさしいバイオ酵素ソープも店頭でお試しいただけるよう準備しております。

 

【保有資格】

2012年12月 日本メディカルハーブ協会公認 

メディカルハーブコーディネーターハーバルセラピスト取得


カピバラハーブの名前の由来


<名前の由来Ⅰ> 

「カピパラ」とは、正しくは「カピバラ」のことで、

南米では「草原の主」と言われている、おっとりした愛嬌のある動物です。

『ハーブ=草』と、癒しのイメージで、温泉好きなところからティーカップに入った「カピバラ」を、あえてハッピーな音の「カピパラハーブ」としてキャラクターにしています。

 

<名前の由来Ⅱ>

誰かさんが「カピバラ」に似ていることから、

「カピパラハーブ」になったという説も有力です!?